柏原市高齢者いきいき元気センター

新着情報

高齢者いきいき元気センター(地域包括支援センター)とは?

高齢者いきいき元気センターは、高齢者のみなさまや、そのご家族の相談を受けたり、 心身の状態に合わせた支援の調整等を行う、地域の「総合的な窓口」です。

外観

TEL:072-970-3100

FAX:072-970-3200

E-mail:houkatsu@kashiwara-shakyo.jp

基本業務

・介護予防ケアマネジメント業務

・権利擁護

・総合相談業務

・包括的・継続的ケアマネジメント業務

・その他の介護予防事業

介護予防ケアマネジメント業務

平成29年4月から「介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)」がはじまりました。総合事業は、高齢者が住み慣れた地域で自立した日常生活を営めるよう支援する取り組みです。 介護保険事業者・民間企業・ボランティアなど多様な主体による、多様なサービスを提供し、地域全体で高齢者を支えます。(介護予防・生活支援サービス事業) 高齢者自身も、自分らしい生活を実現するため、要介護状態になることを予防することが大切で、それを支援します。(一般介護予防事業)

たとえばこんなご相談があります。
最近足腰が痛いので外に出かけることができなくて困っている。 浴槽が深いのでお風呂に入るのが怖いので困っている。
介護予防支援及び第1号介護予防支援業務の委託先居宅介護支援事業者様へ

業務に関するマニュアルと毎月の請求業務に関する書類一式です。日々の業務にご活用いただきますよう、よろしくお願いいたします。

様式は⇒こちら

※介護予防プランの作成に関して、お問い合わせがある質問についてまとめましたので

ご参考ください。

まとめは⇒こちら

柏原市自立支援型地域ケア会議

柏原市高齢介護課と柏原市高齢者いきいき元気センターでは、介護予防の取り組みの一つとして『自立支援型地域ケア会議』を開催しております。 令和4年度からは、市内の指定居宅介護支援事業所のケアマネジャーさんから介護予防プランを提出いただき、自立支援に向けて検討していきます。 『自立支援型地域ケア会議』では、理学療法士、作業療法士、管理栄養士、主任介護支援専門員、社会福祉士、保健師、看護師が集まり、それぞれの立場からアドバイスを出し合い、利用者様の希望をどうすれば叶えていけるかを話しあっております。ケアマネジャーさんのご見学も随時受け付けておりますので、柏原市高齢者いきいき元気センターまでお問い合せください。

会議日
4月27日(水) 10月26日(水)
5月25日(水) 11月30日(水)
6月29日(水) 12月27日(火)
7月27日(水) 令和5年1月25日(水)
8月31日(水) 令和5年2月28日(火)
9月28日(水) 令和5年3月29日(水)

※時間はいずれも13時~16時の間で3ケースほど話し合います。

【介護予防プランをご提出いただく時の書類について】

会議に介護予防プランをご提出いただく指定居宅介護支援事業所の方へは、ご案内をお送りいたしておりますので、提出日に下記の書類を提出いただくようお願いいたします。

○利用者基本情報

○基本チェックリスト

○ケアプラン

○お薬手帳の写し等(薬情報)

アセスメントシート

興味・関心チェックシート

 

権利擁護

 

高齢者のみなさんが安心していきいきと暮らすために、みなさんの持つさまざまな権利を守ります。成年後見制度の紹介や、虐待を早期に発見したり、消費者被害などに対応します。

たとえばこんなご相談があります。
お金の管理や契約などに不安があるが、相談する場所がわからない 最近、知り合いのおばあちゃんの顔とかにアザがあるので心配

総合相談業務

 

高齢のみなさんやその家族、近隣に暮らす人の介護に関する悩みや問題に対応します。介護に関する相談や悩み事、悩み以外にも、健康や福祉、医療や生活に関することなど、なんでもご相談ください。

たとえばこんなご相談があります。
認知症の父親が勝手に外に出かけてしまうので困っている。 介護サービスに不満があるがどうしたらいいかわからない。 介護保険サービスを受けるためにはどうしたらいいかわからない

包括的・継続的ケアマネジメント業務

 

ケアマネジャーへの支援困難事例等の助言や支援、関係機関とのネットワークづくりなどを通じて、高齢者を包括的・継続的に支援できるよう取り組みます。

その他の介護予防事業

地域あんしん事業

孤立死させない地域を作るため高齢者を支える関係機関と連携し、民生・児童委員の皆様と共に訪問活動や意見交換会など行っています。

  • あんしん
  • あんしん
  • あんしん

認知症サポーター養成講座(認知症キャラバンメイト養成講座)

認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かく見守る地域になるよう、地域の方と力を合わせて認知症サポーター養成講座を開催しています。

【柏原市内の認知症サポーター養成講座受講人数】5,188(令和4年2月末現在)
  • 認知症サポーター
  • 認知症サポーター
  • 認知症サポーター

柏原市認知症ケアパス

認知症になっても、地域で安心して暮らせるまち「柏原市」を目指し、「柏原市認知症ケアパス」を作成しました。

「柏原市認知症ケアパス」とは、認知症のことを知っていただき、認知症になっても地域で安心して暮らしていけるように、認知症の方の状態に応じて受けられるサービスや社会資源をまとめるものです。

できる限り自分らしい生活を送っていただけるよう、この「柏原市認知症ケアパス」をご活用ください。

1.認知症ケアパス一覧

2.認知症ケアパス 認知症とは編(R4.4)

3.認知症ケアパス 市内のサービス編(R4.4)

医療・介護ネットワーク いかしてネットかしわら

地域の介護支援専門員や主治医をはじめ、様々な介護・医療関係者が連携・協働することで、高齢者の生活を支援していけるよう、介護・医療関係者を対象に研修会を開催しています。

  • いかしてねっと
  • いかしてねっと

おたすけガイドブック(Vol.6)

柏原市高齢者いきいき元気センター(地域包括支援センター)では、高齢者や高齢者の方を支援されている方に向けて市内の社会資源ガイドブック(改訂版)を作成しております。

おたすけガイドブック(R3年度 Vol.6) 

柏原市いきいき百歳体操

柏原市いきいき百歳体操とは、もともと高知市が開発した高齢者のための介護予防の体操を、柏原市バージョンにアレンジしたものです。 体操はイスに腰かけて行ないます。体操の内容は、準備体操・筋力体操・整理体操の3つからなり、30分程度の誰でも行える体操です。重りを使うと、さらに効果的です。

この柏原市いきいき百歳体操を続けることで、筋力アップを図ります。筋力がつくことで動くことが楽になります。また、転倒しにくい体になるので、骨折して寝たきりになることを防ぎます。

●柏原市いきいき百歳体操(PDF

◎柏原市いきいき百歳体操をするにあたっての留意点

★声を出しましょう!

体操中に声を出さないと、息を止めてしまうことになり、血圧の急激な上昇を招く恐れがあります。「1・2・3・4」と声を出して数えましょう。

★無理は禁物です!

痛みがある場合は運動を控えるか、痛みのない範囲で行って下さい。

柏原市いきいき百歳体操 開催場所

柏原市では現在約50ヶ所で、柏原市いきいき百歳体操が開催されております。 小学校区ごとにまとめていますので、自分たちのちいきで開催されているかどうぞご確認ください。

●柏原小 校区(PDF

●柏原東小 校区(PDF

●堅下北小 校区(PDF

●堅下南小 校区(PDF

●堅上小 校区(PDF

●玉手小 校区(PDF

●旭ヶ丘小 校区(PDF

●国分小 校区(PDF

●国分東小 校区(PDF

柏原市いきいき百歳体操出前講座

「できる限り、自分のことは自分で!」そのためにも地域で集まる場所をつくりましょう。 柏原市社会福祉協議会の専門職がバックアップします!

対象 柏原市いきいき百歳体操を地域の会館で継続して行いたい方
人数 少人数でも伺います。ご相談ください。
所要時間 1時間程度
日程 要相談
場所 地域の会館や集会所など集まりやすい場所 *椅子が必要です
料金 無料
回数 内容
1回目 「介護予防のお話といきいき百歳体操のお試し」
2回目 「柏原市いきいき百歳体操を通しでしてみよう」 DVDかCDのお渡し。自主運営の開始
3回目 「握力測定と運動機能自己チェック」
1~3ヵ月後 「体操のおさらいとミニ講座」
3~6ヵ月後 「体操のおさらいとミニ講座」
1年後 「握力測定と運動機能自己チェック」 定期的なおさらい講座を実施します。

会館で週1回程度、定期的に行うと効果的! あなたの元気は地域の元気!いきいきとした笑顔を増やしましょう!

よくあるご質問

誰が利用できますか?
65歳以上の方、もしくはその家族、近所の65歳以上の方についての悩みや相談であればどなたでも利用できます。
介護以外の相談も受けてくれるのでしょうか?
介護の相談はもちろん、介護以外の相談も地域の関係機関を紹介したり、情報提供を行うなど適切に対応を行います。
相談内容が他の人に知られることはありませんか?
職員は秘密を保持する義務があり、相談で知り得た情報は、本人の許可なく第三者に漏らしませんので安心して下さい。
相談料は?
無料です。


ページトップ