• ご相談窓口
  • 地域福祉委員会の活動
  • ボランティアに関すること
  • 高齢者に関すること
  • 障害者に関すること
  • 子育てに関すること
  • 関連施設

柏原市高齢者いきいき元気センター

新着情報

高齢者いきいき元気センター(地域包括支援センター)とは?

高齢者いきいき元気センターは、高齢者のみなさまや、そのご家族の相談を受けたり、 心身の状態に合わせた支援の調整等を行う、地域の「総合的な窓口」です。

外観

基本業務

介護予防ケアマネジメント業務

介護保険申請後、要支援1・2と認定された人は介護保険の介護予防サービスを利用できます。高齢者いきいき元気センターは要支援の方の介護予防サービスの調整・相談をしています。

たとえばこんなご相談があります。

最近足腰が痛いので外に出かけることができなくて困っている。
浴槽が深いのでお風呂に入るのが怖いので困っている。

権利擁護

高齢者のみなさんが安心していきいきと暮らすために、みなさんの持つさまざまな権利を守ります。成年後見制度の紹介や、虐待を早期に発見したり、消費者被害などに対応します。

たとえばこんなご相談があります。

お金の管理や契約などに不安があるが、相談する場所がわからない
最近、知り合いのおばあちゃんの顔とかにアザがあるので心配

総合相談業務

高齢のみなさんやその家族、近隣に暮らす人の介護に関する悩みや問題に対応します。介護に関する相談や悩み事、悩み以外にも、健康や福祉、医療や生活に関することなど、なんでもご相談ください。

たとえばこんなご相談があります。

認知症の父親が勝手に外に出かけてしまうので困っている。
介護サービスに不満があるがどうしたらいいかわからない。
介護保険サービスを受けるためにはどうしたらいいかわからない

包括的・継続的ケアマネジメント業務

ケアマネジャーへの支援困難事例等の助言や支援、関係機関とのネットワークづくりなどを通じて、高齢者を包括的・継続的に支援できるよう取り組みます。

たとえばこんな活動をしています。

地域あんしん事業

孤立死させない地域を作るため高齢者を支える関係機関と連携し、民生・児童委員の皆様と共に訪問活動や意見交換会など行っています。

  • あんしん
  • あんしん
  • あんしん

認知症サポーター養成講座(認知症キャラバンメイト養成講座)

認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かく見守る地域になるよう、地域の方と力を合わせて認知症サポーター養成講座を開催しています。

【柏原市内の認知症サポーター養成講座受講人数】829名(平成24年12月末現在)

  • 認知症サポーター
  • 認知症サポーター
  • 認知症サポーター

医療・介護ネットワーク いかしてネットかしわら

地域の介護支援専門員や主治医をはじめ、様々な介護・医療関係者が連携・協働することで、高齢者の生活を支援していけるよう、介護・医療関係者を対象に研修会を開催しています。

  • いかしてねっと
  • いかしてねっと

よくあるご質問

誰が利用できますか?

65歳以上の方、もしくはその家族、近所の65歳以上の方についての悩みや相談であればどなたでも利用できます。

介護以外の相談も受けてくれるのでしょうか?

介護の相談はもちろん、介護以外の相談も地域の関係機関を紹介したり、情報提供を行うなど適切に対応を行います。

相談内容が他の人に知られることはありませんか?

職員は秘密を保持する義務があり、相談で知り得た情報は、本人の許可なく第三者に漏らしませんので安心して下さい。

相談料は?

無料です。

ページトップ